すんくじらのくじら

すみっこでこっそりゲームしてます。

El Shaddai ‐ASCENSION OF THE METATRON

これより先、盛大なネタバレ含みます!!

PS3El Shaddai」とその原作小説の内容についても触れていますので

未プレイ・未読のかたでネタバレは嫌だという方は閲覧をお控えください。

それでもいい方のみご覧ください。

 

f:id:sun9jira:20130201192521j:plain

 

エルシャダイです。

ストーリーだけをクリアするなら たぶん普通に半日でできます。

(ゲーム内でルシフェルもクリアまで「7時間くらい」とか言ってたし、私もとりあえず一周しただけのプレイ時間から言えば10時間にも充たなかったので。)

 

エルシャダイは発売前に謎の大ブームがネットでおこりましたよね。 懐かしい。

そんな装備で大丈夫か?

『大丈夫だ、問題ない』

『一番いいのを頼む』

『オトウトノカタキヲトルノデス』

『神は言っているここで死ぬ定めではないと』

『あれは今から36万…いや1万4千年前』

エトセトラエトセトラ…

MAD動画には笑わせてもらいました。

 

が、しかし いざ発売されるとこれが不評不評で

たまに980円で投げ売りされる始末。 でもあまりにも評判悪いと

そんなに面白くないの?って気になるのが人間。 また980円になるのを密かに待って 漸く入手。

怖いもの見たさでプレイしてみました。

 

以下はあくまで個人的感想・解釈です。

【注意】盛大にネタバレあり【注意】

 

 

率直な感想

・キャラクターの顔が濃い

ルシフェルの性格がなんか酷い

イーノックの存在感の無さ

・アルマロスまじいいやつ

・ストーリーが迷子

・戦闘はまぁ楽しい。

・操作性も悪くないと想う。良くも無いけど。

・え、ルシフェル堕天しないの?

・え、イーノックはメタトロンにならないの?

 

 

クリア直後 は「え、あれがボス?え、終わり?」

えー??と、コントローラー握ったままポカーンとしました。

プレイ中も、…これどこまで真面目に作ったんだろ。と何回か思いました。 真顔で固まることもしばしば。

いまいちキャラクターに感情移入できないし ストーリーも…何て言えばいいんだろう…カスカス?

大した説明も解説もないまま話が進み、ポイッと投げ出された挙句 「あとは自分で考えて補足しな!」って言われている気分でした。

でもゲーム自体は面白かったです。980円なら十分です。 定価で購入されたかたは酷評したくなるかも。 内容のわりに定価が高すぎる。

 

私が思うに、たぶん、描きたかったテーマが壮大過ぎて上手くまとまりきらなかったことが ゲームの内容をカスカスしたものにしてしまった原因のひとつなんじゃないかと思います。

 

これ続編あるんじゃないの?って思うくらい突如物語りは終わります。

まさに尻切れトンボ。 

ルシフェルは堕天しそうな空気だしといて堕天しないし

(ラスボスは絶対ルシフェルだと思ってプレイしてた)

「ASCENSION OF THE METATRON」ってサブタイトルまで付けといて

イーノックは天使にならないし。

(初っ端でルシフェルが「彼には72通りの名前が~」とか言ってたからこれはイーノックがメタトロンなんだ!!と確信してたのに)

 

しかしご安心を。

続編、と言うか原作小説なるものが2012年5月に出されていて そこにはルシフェルイーノックの出会いからゲーム内でのEND後も書かれています。

ゲーム内のストーリーをよく把握出来なかったので小説も買いました。1,500円でした。ゲームより高いってどんだけだ。

厚みはあるものの(全541頁)こちらも1日あれば読み終わります。

ルシフェルの堕天」と「メタトロン」についても小説内では書かれていたので

もやもやもスッキリー!予想大当たり!やったー!

結局誰も救われてない気がするんだけどいいの?

やっぱりイーノック可哀想。神様って何なんだ。

 

 エルシャダイに興味あるかたは、ゲームしないで小説読んだほうが良さそう。。。

エルシャダイ原作小説

エルシャダイ原作小説

  • 作者: 竹安佐和記,イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 10回
  • この商品を含むブログを見る

 

小説読んで凄く思ったのですが これってむしろ 堕天使捕縛後をゲームにした方が迫力あったんじゃない? ルシフェルの堕天からスタートして。

 

で、エピソード0として

イーノックルシフェルの出会いから365年の旅路をゲーム化する、

 

…それはそれで微妙かー。 難しい。

小説はとても面白かったです。 これを上手くゲーム化できていれば売れただろうに。残念。

長々と書きましたが なんだかんだでゲームも楽しかったです!

詳細が分からない分、いろいろ考えさせられたし、久々に神話とか調べてみようかと思いました。

 

安くなっていたら購入してもいいかも?

ゲームの方はあまりオススメしませんが

原作小説はオススメします。

原作小説だけで十分(ゲームだけでは不十分)。

 

小説では登場人物たちの心理も描かれていて

このときそんなこと思ってたんだと感慨深い物がありました。

 

 

もしや

ゲームの内容が曖昧なのって原作小説を買わせるため・・・?!笑