読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すんくじらのくじら

すみっこでこっそりゲームしてます。

【恐怖】もう勘弁してください。【無断駐車】

いつも何故か我が家の駐車場前に無断駐車する人がいて

しかもそれが嫌がらせのようにぴったりと停めるものだから

うちの車が停められない&出られない。

注意しようよと提案しても

父親は「うちが我慢すればいいだけだ!」と外面の良さを発揮。

注意する派の母と、我慢派の父が大ゲンカ。

そんな大迷惑な無断駐車が不定期に半年続き

昨夜もまた無断駐車。

昨夜もまた大ゲンカ。

 

無断駐車のせいでうちの家庭が危ないと思った昨日の今日で

今朝また無断駐車!父もいないし、

ちょうど停めるタイミングに出くわしたため勇気を振り絞って突撃。

しかし、ビビリな私は、外に出た瞬間からもう怖くて怖くてガタガタ震えながら

相手のもとへ。

「こんにちはー。すみませんが どこのお家のかたですか」と尋ねました´д` ;

車の持ち主(性別とおおよその年齢は、ここでは控えときます。)はポカーンとして始終無言。

するともう一人、赤ん坊を抱っこしたひとも登場。

そちらのかたがおっしゃるにはまぁ...これ言うといろいろ年齢とか控えた意味ないのですが、孫の世話のために来ていて、ここに停めているとのこと。

 

私「あの、私ここの家のものなんですけど、ここ停められたら、うちが停めらないんですよ」

相手「ですよね」

私「はぁ...(ですよねってあなた......)」

 

その後も謝罪は一切なくて、逆に私が

 

「お孫さんのお世話で大変だとは思うんですけど、

申し訳ないのですが どこのお家のかたかなぁと思って...

突然すみません。」

 

と平謝り。

ビビリな私にはもう声かけの時点で瀕死でした。

 

相手「じゃあもうここに停めなければいいんですか」

 

私「(こわいよぉおおおおおお)えっと、うちも困っていてですね。どこの方かなぁって...」

 

 

 

...その後も結局、もうここに停めないという言葉を言わせられないまま

相手に気圧され、ハッキリキッパリと迷惑!と言えずに退却。ヘタレな自分を殴りたい。

しかも赤ちゃんをね、抱っこしてるから

何の罪もない赤ちゃんを夏空の下に長々いさせるのも可哀想だし

すっごい上から目線で話してくるし

もう本当にあの人たちなんなんだよぉ…(・・;)

 

最後まで私が謝りまくるという結果でしたがどうなるのかなぁ。

いくら近いからって

見たら迷惑だってわかるだろうに。分かっててやったの?

ガチで嫌がらせだったらどうしよう。